Follow by Email

2018年9月15日土曜日

【告知】第130回古典戯曲を読む会@東京2018年9月29日(土)

古典戯曲を読む会@東京、9月の会の告知です。


9月の会では17世紀フランス古典主義を代表する詩人、劇作家であるジャン・ラシーヌ(1639-99)の五幕韻文劇の傑作、『フェードル』(1677年初演)を取り上げます。
『フェードル』はギリシア神話に取材した悲劇で、古代ではエウリピデスの『ヒッポリュトス』、セネカの『パエドラ』の劇作品が知られています。
Pierre-Narcisse Guérin : Phèdre et Hippolyte (1802)

ラシーヌの悲劇のなかでも上演頻度の高い作品で、日本語訳も複数存在します。今回、古典戯曲を読む会@東京では、『ラシーヌ戯曲全集2』京都:人文書院、1965年に所収されている伊吹武彦訳でこの作品を読みます。

この翻訳は絶版ですので、コピーを用意します。

開催場所は早稲田大学戸山キャンパスの32号館224教室です。

初めて早稲田にいらっしゃる方は、「早稲田キャンパス」と「戸山キャンパス」をくれぐれも間違えないようにしてください。会場は「戸山キャンパス」です。大隈講堂や演劇博物館がある早稲田キャンパスではありません!(最寄り駅はどちらも東西線早稲田駅です)

準備の都合上、参加希望者は世話役・片山まで事前にご連絡をお願いします。

あまり大人数になり過ぎても読む会として収拾がつかなくなるため、先着20人+α程度で定員とさせていただきます。お早めの参加表明をお待ちしております。
終わった後、軽く(22時半過ぎには終了)懇談会を行いますので、ご都合がつく方はそちらにもぜひご参加下さい。 


【開催日時】2018年9月29日(土) 19時~21時頃
【集合】18時50分 早稲田大学戸山キャンパス正門前
【場所】早稲田大学 戸山キャンパス(32号館224教室)https://www.waseda.jp/top/access/toyama-campus
【参加費】無料

【使用テキスト】ラシーヌ/伊吹武彦訳「フェードル」京都:人文書院、『ラシーヌ戯曲全集。2』1965年。

【問い合わせ・申込み先】 mikiokatアットマークgmail.com(片山)

2018年7月18日水曜日

【告知】第129回古典戯曲を読む会@東京2018年8月18日(土)

古典戯曲を読む会@東京、8月の会の告知です。
今月はローマ帝政初期のストア派哲学者であり、政治家でもあったセネカ(Lucius Annaeus Seneca 前4ころ‐後65)の悲劇、『テュエステス』を読みます。

今回は一回で作品を読み切ります。開始時間は午後三時から、また会場は成蹊大学となりますのでご注意下さい。戯曲は1112行なので、休憩を入れても4-5時間あれば読み切ることができると思います。

セネカの悲劇は十編が現存しています(このうち『オクタウィア』は現在では偽作とされています)が、『テュエステス』はシェイクスピアの『タイタス・アンドロニカス』をはじめ、英国ルネサンスの劇作家たちに大きな影響を与えた作品だとされています。
今年のアヴィニョン演劇祭では、フランスで最も注目される若手演出家の一人であるトマス・ジョリーがメイン会場の教皇庁中庭でのオープニング公演で『テュエステス』を上演し、話題になりました。

戯曲はコピーを用意します。参加を希望される方は、事前に必ず片山までご連絡をお願いします。定員は20名、先着順とします。

終了後は軽く懇親会を行う予定ですので、ご都合がつくかたはそちらにも是非ご参加下さい。


【開催日時】2018年8月18日(土) 15時~20時頃終了予定(時間に注意!)
【場所】成蹊大学6号館602A教室(いつもと場所が違うのでご注意下さい!)

https://www.seikei.ac.jp/university/aboutus/accessmap.html
【参加費】無料

【使用テキスト】セネカ「ティエステス」宮城徳也訳、『セネカ悲劇集2』京都:京都大学学術出版会、1997年(テクストはコピーを用意します)。

【問い合わせ・申込み先】 mikiokatアットマークgmail.com(片山)

2018年6月27日水曜日

【告知】第128回古典戯曲を読む会@東京2018年7月14日(土)

古典戯曲を読む会@東京、7月の会の告知です。
6月に引き続き、フランスを代表する喜劇作家モリエール(1622-73)の代表作の一つ、『タルチュフ』(1664)を読みます。6月は第3幕まで読みましたので、7月は4-5幕を読むことになります。時間が余ると思いますので、舞台映像抜粋を見るか、あるいは関連する短い戯曲を読むかしたいと思っています。先月参加されていないかたも参加可能です。



この作品はベルサイユ宮での大饗宴の折、ルイ14世の前で初演されましたが、宗教的偽善者を徹底的にたたいた内容のあまりの大胆さに,秘密結社〈聖体秘跡協会〉を中心とした狂信者たちの怒り狂い、市中公開が禁止されました。初演の5年後の1669年に曲折の末、ようやく公開が解禁され,空前の当たりをとりました。

作品のテーマの中心は宗教的偽善に対する辛辣な諷刺ですが、それ以外にも世代間の争い、父と子の断絶、終幕の政治劇等など様々な要素が盛り込まれており、現在もフランスを中心に盛んに上演されています。

テキストは鈴木力衛訳『タルチュフ』(岩波文庫)を使用します。現在絶版品切れですが、岩波文庫なのでamzonや古書店、図書館等にはあると思います。
当日までにテキストが用意できない方は、コピーを用意しますので世話役の片山までそのむねを事前にご連絡下さい。

開催場所は早稲田大学戸山キャンパスの32号館224教室です。

初めて早稲田にいらっしゃる方は、「早稲田キャンパス」と「戸山キャンパス」をくれぐれも間違えないようにしてください。会場は「戸山キャンパス」です。大隈講堂や演劇博物館がある早稲田キャンパスではありません!(最寄り駅はどちらも東西線早稲田駅です)

参加希望者は世話役・片山まで事前にご連絡をお願いします。

あまり大人数になり過ぎても読む会として収拾がつかなくなるため、先着20人+α程度で定員とさせていただきます。お早めの参加表明をお待ちしております。
終わった後、軽く(22時半過ぎには終了)懇談会を行いますので、ご都合がつく方はそちらにもぜひご参加下さい。 

【開催日時】2018年7月14日(土) 19時~21時頃
【集合】18時50分 早稲田大学戸山キャンパス正門前
【場所】早稲田大学 戸山キャンパス(32号館224教室)https://www.waseda.jp/top/access/toyama-campus
【参加費】無料

【使用テキスト】モリエール作/鈴木力衛訳『タルチュフ』(岩波文庫)

【問い合わせ・申込み先】 mikiokatアットマークgmail.com(片山)

2018年6月13日水曜日

【告知】第127回古典戯曲を読む会@東京2018年6月23日(土)

古典戯曲を読む会@東京、6月の会の告知です。
今月はフランスを代表する喜劇作家モリエール(1622-73)の代表作の一つ、『タルチュフ』(1664)を読みます。


この作品はベルサイユ宮での大饗宴の折、ルイ14世の前で初演されましたが、宗教的偽善者を徹底的にたたいた内容のあまりの大胆さに,秘密結社〈聖体秘跡協会〉を中心とした狂信者たちの怒り狂い、市中公開が禁止されました。初演の5年後の1669年に曲折の末、ようやく公開が解禁され,空前の当たりをとりました。

作品のテーマの中心は宗教的偽善に対する辛辣な諷刺ですが、それ以外にも世代間の争い、父と子の断絶、終幕の政治劇等など様々な要素が盛り込まれており、現在もフランスを中心に盛んに上演されています。

テキストは鈴木力衛訳『タルチュフ』(岩波文庫)を使用します。現在絶版品切れですが、岩波文庫なのでamzonや古書店、図書館等にはあると思います。
当日までにテキストが用意できない方は、世話役の片山までそのむねを事前にご連絡下さい。

開催場所は早稲田大学戸山キャンパスの32号館224教室です。

初めて早稲田にいらっしゃる方は、「早稲田キャンパス」と「戸山キャンパス」をくれぐれも間違えないようにしてください。会場は「戸山キャンパス」です。大隈講堂や演劇博物館がある早稲田キャンパスではありません!(最寄り駅はどちらも東西線早稲田駅です)

参加希望者は世話役・片山まで事前にご連絡をお願いします。

あまり大人数になり過ぎても読む会として収拾がつかなくなるため、先着20人+α程度で定員とさせていただきます。お早めの参加表明をお待ちしております。
終わった後、軽く(22時半過ぎには終了)懇談会を行いますので、ご都合がつく方はそちらにもぜひご参加下さい。 

【開催日時】2018年6月23日(土) 19時~21時頃
【集合】18時50分 早稲田大学戸山キャンパス正門前
【場所】早稲田大学 戸山キャンパス(32号館224教室)https://www.waseda.jp/top/access/toyama-campus
【参加費】無料

【使用テキスト】モリエール作/鈴木力衛訳『タルチュフ』(岩波文庫)。テキストは参加者各自でご用意お願いします。

【問い合わせ・申込み先】 mikiokatアットマークgmail.com(片山)

2018年5月9日水曜日

【告知】第126回古典戯曲を読む会@東京2018年5月26日(土)

古典戯曲を読む会@東京、5月の会の告知です。
先月に引き続き、坂本正彦氏をホスト役に招き、つかこうへい『定本・熱海殺人事件』を読みます。今月でこの戯曲を読み終えます。前回、参加していない方の参加も可能です。


開催場所は早稲田大学戸山キャンパスの32号館224教室です。

初めて早稲田にいらっしゃる方は、「早稲田キャンパス」と「戸山キャンパス」をくれぐれも間違えないようにしてください。会場は「戸山キャンパス」です。大隈講堂や演劇博物館がある早稲田キャンパスではありません!(最寄り駅はどちらも東西線早稲田駅です)
会場準備やテキストの準備のため、参加希望者は世話役・片山まで必ず事前にご連絡ください。

あまり大人数になり過ぎても読む会として収拾がつかなくなるため、先着20人+α程度で定員とさせていただきます。お早めの参加表明をお待ちしております。
終わった後、軽く(22時半過ぎには終了)懇談会を行いますので、ご都合がつく方はそちらにもぜひご参加下さい。 

【開催日時】5月26日(土) 19時~21時頃
【集合】18時50分 早稲田大学戸山キャンパス正門前
【場所】早稲田大学 戸山キャンパス(32号館224教室)https://www.waseda.jp/top/access/toyama-campus
【参加費】無料【使用テキスト】つかこうへい『定本熱海殺人事件』(角川書店、1981年)主催者側でコビーを用意します。

【問い合わせ・申込み先】 mikiokatアットマークgmail.com(片山)
--------

○作品について
つかこうへいは、戦後演劇史をその名によって「つか以前/つか以後」と分かつことさえできる、まさに画期的な劇作家・演出家でした。1973年に初演された『熱海殺人事件』は、第18回岸田戯曲賞を受賞。紀伊国屋ホールにおける公演数は165回にのぼります(『蒲田行進曲』は123回)。『シアターアーツ』が創刊に際して行った「戦後戯曲(1945~1994)のベスト20」でも、『サド侯爵夫人』に次ぐ二位に選ばれ、自他ともに認める代表作です。いくつものバリエーションがありますが、最も完成度高い(と、私が考える)78~79年の紀伊国屋公演を活字化したものが『定本・熱海殺人事件』です。

○ホスト役:プロフィール
坂本正彦:ディレッタント。生業とは別に劇作等を行い、2009年『砂丘の片隅で』で第20回テアトロ新人戯曲賞受賞。2017年「亡霊になること―クロード・レジの『室内』をめぐって」でSPAC劇評コンクール最優秀賞受賞。上演作品に『希望のカノン』(劇団東俳)、放送作品に『サヨナラよ、こんにちは!』『骨を抱えて』(NHK)などがある。

2018年4月1日日曜日

【告知】第125回古典戯曲を読む会@東京2018年4月14日(土)

古典戯曲を読む会@東京、4月の会の告知です。
坂本正彦氏をホスト役に招き、つかこうへい『定本・熱海殺人事件』を読みます。当会でつかこうへい作品をとりあげるのは今回がはじめてです。


4月、5月の2回で読み終える予定です。
作品については坂本氏による解説をお読み下さい。

開催場所は早稲田大学戸山キャンパスの32号館224教室です。

初めて早稲田にいらっしゃる方は、「早稲田キャンパス」と「戸山キャンパス」をくれぐれも間違えないようにしてください。会場は「戸山キャンパス」です。大隈講堂や演劇博物館がある早稲田キャンパスではありません!(最寄り駅はどちらも東西線早稲田駅です)
会場準備やテキストの準備のため、参加希望者は世話役・片山までご連絡ください。

あまり大人数になり過ぎても読む会として収拾がつかなくなるため、先着20人+α程度で定員とさせていただきます。お早めの参加表明をお待ちしております。
終わった後、軽く(22時半過ぎには終了)懇談会を行いますので、ご都合がつく方はそちらにもぜひご参加下さい。 

【開催日時】4月14日(土) 19時~21時頃
【集合】18時50分 早稲田大学戸山キャンパス正門前
【場所】早稲田大学 戸山キャンパス(32号館224教室) https://www.waseda.jp/top/access/toyama-campus
【参加費】無料【使用テキスト】つかこうへい『定本熱海殺人事件』(角川書店、1981年)主催者側でコビーを用意します。

【問い合わせ・申込み先】 mikiokatアットマークgmail.com(片山)
--------

○作品について
つかこうへいは、戦後演劇史をその名によって「つか以前/つか以後」と分かつことさえできる、まさに画期的な劇作家・演出家でした。1973年に初演された『熱海殺人事件』は、第18回岸田戯曲賞を受賞。紀伊国屋ホールにおける公演数は165回にのぼります(『蒲田行進曲』は123回)。『シアターアーツ』が創刊に際して行った「戦後戯曲(1945~1994)のベスト20」でも、『サド侯爵夫人』に次ぐ二位に選ばれ、自他ともに認める代表作です。いくつものバリエーションがありますが、最も完成度高い(と、私が考える)78~79年の紀伊国屋公演を活字化したものが『定本・熱海殺人事件』です。

○ホスト役:プロフィール
坂本正彦:ディレッタント。生業とは別に劇作等を行い、2009年『砂丘の片隅で』で第20回テアトロ新人戯曲賞受賞。2017年「亡霊になること―クロード・レジの『室内』をめぐって」でSPAC劇評コンクール最優秀賞受賞。上演作品に『希望のカノン』(劇団東俳)、放送作品に『サヨナラよ、こんにちは!』『骨を抱えて』(NHK)などがある。

2018年3月10日土曜日

【告知】『繻子の靴』を通読する会 2018年4月7日(土)

『繻子の靴』を通読する会、定員に達しましたので参加申込みを締め切ります。以後の参加申込みはキャンセル待ちとなります。なお参加申し込まれた方でキャンセルされる方は必ず片山までご連絡お願い申し上げます。(2018年4月2日)
古典戯曲を読む会@東京の特別編として、渡辺守章訳『繻子の靴』(岩波文庫、2005年)を通読する会を以下の通り開催します。

古典戯曲を読む会@東京 特別編

渡辺守章訳『繻子の靴』(岩波文庫)を通読する会

【日時】2018年4月7日(土)10時〜20時(終了予定)。
【場所】成蹊大学10号館二階第二中会議室
【テキスト】ポール・クローデル『繻子の靴』渡辺守章訳、岩波文庫、2005年(上下の全2巻)。
http://www.amazon.co.jp/dp/4003750411X/
http://www.amazon.co.jp/dp/400375042X/
参加費無料。テキストは参加者各自が用意すること
要参加申込み。定員20名。
ー参加申込み・問い合わせ先:片山幹生 mikiokat@gmail.com

2018年1月30日火曜日

【告知】第124回古典戯曲を読む会@東京 2018年2月8日(木)

古典戯曲を読む会@東京、2月の回の告知です。

ホーフマンスタール(1847-1929)『イェーダーマン』(1911)を読みます。


ホーフマンスタールはウィーン生まれ、オーストリアの劇作家です。期に象徴主義的,新ロマン主義的な詩によって注目を集め,その後、戯曲の創作を精力的に行い『エレクトラ』(1903)、道徳劇『イェーダーマン』(1912)、喜劇『気むずかしい人』(1921)などの作品が知られています。
また『薔薇の騎士』(1911)、『ナクソス島のアリアドネ』(1912)、『影のない女』(1919)などリヒャルト・シュトラウスのオペラ作品の台本の執筆者でもありました。オーストリアの演出家、マックス・ラインハルトなどと第一次世界大戦後、現在まで続くザルツブルク・フェスティバルをはじめた人物でもあります。

『イェーダーマン』は15、16世紀にヨーロッパで流行した寓意道徳劇の翻案で、直接的にはハンス・ザックスによる16世紀の作品『富める人の劇』を下敷きにして作られた作品です。寓意道徳劇では、擬人化された抽象概念が登場人物としてせりふを話します。タイトルの「イェーダーマン」(Jedermann)は「あらゆる人」の意で、すべての人間の代表であることを意味しています。
1920年以降『イェーダーマン』はザルツブルク・フェスティバル(音楽祭)のオープニングを飾る野外劇として、上演され続けています。

中世ヨーロッパに流行・発展し、その後もヨーロッパ文学のなかにその残滓を見出すことができる抽象概念のアレゴリーによる演劇が、ポスト・ロマンチシズムの作家であるホフマンスタールによってどのように書き換えられているかを、戯曲を声に出して読むことを通して確認してみませんか?

『イェーダーマン』は一回では全部読み終わらないかもしれませんが、2月の回だけで扱い、古典戯曲を読む会@東京は3月は休会、4月以降は別の作品を取り上げる予定です。

直前の告知となりましたが、多くのかたのご参加をお待ちしております。


★ご注意★
今回は会場がいつもの早稲田大学ではありません。また平日木曜夜の開催になります十分にお気をつけください。
会場は早稲田にある「shy 室伏鴻アーカイブカフェ」です。

http://kkunstwatanabe.wixsite.com/shys
東西線の早稲田駅から550m。徒歩6-7分かかります。場所も比較的分かりにくいと思いますので、必ずスマホの地図か紙に印刷した地図をお持ちになって、時間に余裕をもっておいでください。
世話役は、遅くとも30分前には来てスタンバイしている予定です。集合は「19時までに現地集合」とします。

なお今回はカフェでの開催となりますので、参加費として1000円いただきます。この1000円には資料代、コーヒー、紅茶、オレンジジュース、ワインなどの飲み物代(お代わり自由)が含まれています。
 
あまり大人数になり過ぎても読む会として収拾が付かなくなるため、先着20人+α程度で定員とさせていただきます。お早めの参加表明をお待ちしております。終わった後、懇親会を行う予定ですので、ご都合がつく方はそちらにもぜひご参加下さい。
 

【開催日時】2018年2月8日(木) 19時~21時頃 (会場に現地集合)  
【場所】「shy 室伏鴻アーカイブカフェ」*いつもの早稲田キャンパスではありません
http://kkunstwatanabe.wixsite.com/shys

東京都新宿区早稲田鶴巻町557 小笠原ビル 1F

【使用テキスト】ホーフマンスタール「イェーダーマン:金持ちの死のお芝居」津川良太訳、『現代世界演劇04 -宗教的演劇』白水社、1971年(戯曲はコピーを用意します)。 
【参加申し込み・問い合わせ先】 片山幹生(mikiokatアットマークgmail.com)もしくはtwitter「@koten_tokyo」

2018年1月9日火曜日

【告知】第123回古典戯曲を読む会@東京 2018年1月20日(土)

古典戯曲を読む会@東京、1月の会の告知です。


今年は戌年!ということで(?)、昨年12月に続き、井上ひさしの傑作『イヌの仇討ち』の後半(第二幕)を読みます。大石内蔵助は登場せず、吉良上野介の視点から語られる「忠臣蔵」。あの赤穂浪士討ち入りの真相は一体何だったのかが、斬新な視点とミステリータッチのストーリーによって語られ、最後には思いがけない感動を呼ぶ作品になっています。むしろ「既成の忠臣蔵に興味がない/何故あんなに人気があるのか分からない」という人にこそ読んで欲しい戯曲です。今月で読み終えます。

テキストはだいぶ前に絶版になっていて手に入りにくいので、主催者側でコピーしてお渡しします。手ぶらでいらっしゃって大丈夫ですが、準備の都合上、事前に参加申込みをお願いします。

ホストは、世話役の一人望月が担当いたします。井上ひさしや忠臣蔵に特別詳しいわけではないので、お手柔らかにお願いいたします。
 
開催場所は早稲田大学です。今回の教室は「早稲田大学戸山キャンパス 32-224教室」です。集合時間は「18時50分 戸山キャンパス正門前」になります。

初めて早稲田にいらっしゃる方は、「早稲田キャンパス」と「戸山キャンパス」をくれぐれも間違えないようにしてください。会場は「戸山キャンパス」です。大隈講堂や演劇博物館がある早稲田キャンパスではありません!(最寄り駅はどちらも東西線早稲田駅です) 
【早稲田大学 戸山キャンパス地図】
http://flas.waseda.jp/flas/wp-content/uploads/sites/7/2013/03/map01l1.jpg

集合場所は戸山キャンパスの正門前です。下の案内図の左下になります。教室はそこを真っ直ぐ進んだ「32」号館の2階になります。初めての方は分かりにくいかもしれないので、出来るだけ集合時間に遅れないようにしてください。遅れた方は、正門脇にある「守衛室」で行き方を尋ねる方が確実かもしれません。
【早稲田大学 戸山キャンパス構内案内図】
http://www.waseda.jp/top/assets/uploads/2014/10/toyama-campus-map.pdf
 
あまり大人数になり過ぎても読む会として収拾がつかなくなるため、先着20人+α程度で定員とさせていただきます。お早めの参加表明をお待ちしております。

終わった後、軽く(22時半過ぎには終了)新年会を行いますので、ご都合がつく方はそちらにもぜひご参加下さい。

 
【開催日時】1月20日(土) 19時~21時頃 (会場に現地集合) 

【場所】早稲田大学 戸山キャンパス 32-224教室 
http://www.waseda.jp/top/assets/uploads/2014/10/toyama-campus-map.pdf

【参加費】
無料

【使用テキスト】
主催者側でコビーします。

【問い合わせ先】 masato009アットマークi.softbank.jp、もしくはtwitter「@masato009」

2017年12月4日月曜日

【告知】第122回古典戯曲を読む会@東京 2017年12月16日(土)

古典戯曲を読む会@東京、12月の会の告知です。

別作品の予定が変更になった後、「12月と言えば忠臣蔵じゃない?」という話から、井上ひさしの傑作『イヌの仇討』を読むことになりました(1月までかかりますが)。大石内蔵助は登場せず、吉良上野介の視点から語られる「忠臣蔵」。あの赤穂浪士討ち入りの真相は一体何だったのかが、斬新な視点とミステリータッチのストーリーによって語られ、最後には思いがけない感動を呼ぶ作品になっています。むしろ「既成の忠臣蔵に興味がない/何故あんなに人気があるのか分からない」という人にこそ読んで欲しい戯曲です。サクサク進めて12月と1月の2回で読み終わる予定です。

今年の夏にこまつ座で29年ぶりに上演されましたが、井上ひさしの戯曲にしてはあまり触れる機会が無い作品だと思います(でも傑作)。その公演をご覧になった方はもちろん、ご覧になっていない方も、ぜひお越しください。

テキストはだいぶ前に絶版になっていて手に入りにくいので、主催者側で用意してお渡しします。手ぶらでいらっしゃって大丈夫です。

ホストは、世話役の一人望月が担当いたします。井上ひさしや忠臣蔵に特別詳しいわけではないので、お手柔らかにお願いいたします。

開催場所は早稲田大学です。今回の教室は「早稲田大学戸山キャンパス 32-224教室」です。集合時間は「18時50分 戸山キャンパス正門前」になります。

初めて早稲田にいらっしゃる方は、「早稲田キャンパス」と「戸山キャンパス」をくれぐれも間違えないようにしてください。会場は「戸山キャンパス」です。大隈講堂や演劇博物館がある早稲田キャンパスではありません!(最寄り駅はどちらも東西線早稲田駅です) 
【早稲田大学 戸山キャンパス地図】
http://flas.waseda.jp/flas/wp-content/uploads/sites/7/2013/03/map01l1.jpg

集合場所は戸山キャンパスの正門前です。下の案内図の左下になります。教室はそこを真っ直ぐ進んだ「32」校舎の2階になります。初めての方は分かりにくいかもしれないので、出来るだけ集合時間に遅れないようにしてください。遅れた方は、正門脇にある「守衛室」で行き方を尋ねる方が確実かもしれません。
【早稲田大学 戸山キャンパス構内案内図】
http://www.waseda.jp/top/assets/uploads/2014/10/toyama-campus-map.pdf
 
あまり大人数になり過ぎても読む会として収拾が付かなくなるため、先着20人+α程度で定員とさせていただきます。お早めの参加表明をお待ちしております。

終わった後、軽く(22時半過ぎには終了)忘年会を行いますので、ご都合がつく方はそちらにもぜひご参加下さい。
 
【開催日時】12月16日(土) 19時~21時頃 (会場に現地集合) 
【場所】早稲田大学 戸山キャンパス 32-224教室 
【参加費】無料
【使用テキスト】主催者側で用意します。
【問い合わせ先】 masato009アットマークi.softbank.jp、もしくはtwitter「@masato009」