Follow by Email

2011年6月8日水曜日

2011年6月の読む会

六月の古典戯曲を読む会@東京の告知です。
先月に引き続き17世紀フランスを代表する喜劇作家であるモリエールのコメディ=バレエ『町人貴族』を読みます。前回は第一幕、第二幕を読みました。今回は第三幕を読みます。『町人貴族』は来月で完結の予定です。

今回もcamin(片山)による作品解説付きです。当時の演劇状況や上演習慣についても説明する予定です。
また十七世紀初演当時の舞台をできる限り忠実に再現したヴァンサン・デュメートル指揮、ル・ポエム・アルモニック演奏、バンジャマン・ラザール演 出、セシル・ルサ振付の舞台映像からバレエの場面を主に抜粋してお見せします。2004年にパリのトリアノン劇場で上演されたときの映像です。ろうそくの 光のもと、当時の演出、演奏で『町人貴族』が上演されています。

今月の会場も早稲田大学文学部キャンパスです。先月と同じ部屋です。

【開催日時】2011年6月20日(月)19時から21時
(18時55分に早稲田大学文学部富山キャンパス正門前集合)
【場所】早稲田大学文学部戸山キャンパス 31号館203-2教室(スロープをあがって正面の建物二階)
【使用テキスト】モリエール/鈴木力衛訳『町人貴族』東京:岩波書店。テキストを用意できない人はcamin(片山)までご連絡下さい。コピーを用意します。 

終了後、近所の居酒屋で飲み会あり。お時間ある方はこちらにもご参加ください。

連絡先:camin(片山) koten.tokyo@gmail.com

0 件のコメント:

コメントを投稿