Follow by Email

2018年10月27日土曜日

【告知】第132回古典戯曲を読む会@東京2018年11月23日(土)

古典戯曲を読む会@東京、11月の会の告知です。

11月の会では長谷川伸(1884-1963)の『瞼の母』(1930)を取り上げます。
歌舞伎、新派、大衆演劇などで上演機会の多い股旅物の傑作です。
一回で読み切る予定です。


テキストはこちらでコピーを用意します。
開催場所は早稲田大学戸山キャンパスの32号館228教室です
また今回は土曜日ではなく、11/23(金・祝)の勤労感謝の日の開催です。
いつもと教室と曜日が違うのでご注意ください!

初めて早稲田にいらっしゃる方は、「早稲田キャンパス」と「戸山キャンパス」をくれぐれも間違えないようにしてください。会場は「戸山キャンパス」です。大隈講堂や演劇博物館がある早稲田キャンパスではありません!(最寄り駅はどちらも東西線早稲田駅です)

準備の都合上、参加希望者は世話役・片山まで事前にご連絡をお願いします。

先着20人+α程度で定員とさせていただきます。お早めの参加表明をお待ちしております。終わった後、軽く(22時半過ぎには終了)懇談会を行いますので、ご都合がつく方はそちらにもぜひご参加下さい。 


【開催日時】2018年11月23日(金・祝) 19時~21時頃
【集合】18時50分 早稲田大学戸山キャンパス正門前
【場所】早稲田大学 戸山キャンパス(32号館228教室)https://www.waseda.jp/top/access/toyama-campus
【参加費】無料

【使用テキスト】長谷川伸「瞼の母」(『長谷川伸全集』朝日新聞社、1971年より)。

【問い合わせ・申込み先】 mikiokatアットマークgmail.com(片山)

0 件のコメント:

コメントを投稿